トップページ  >  採用情報  >  先輩社員インタビュー
採用情報 鈴木智彦(30歳)研修生 持ち前のガッツと明るさでHARADAをアピール。早く戦力となって、会社に貢献したいですね。

 原田塗装工業所を知ったのはインターネットのホームページ。塗装に関しては素人だけど、サービス業の経験がある僕は、営業だったら自分にもできるのではと考えて応募しました。異業種からの転職なので、正直、不安もありましたよ。でも、採用担当者に「ガッツと明るさが気に入った」と太鼓判を押され(笑)、もう、やるしかないと腹を決めました。
 ゆくゆくは営業として外回りをすることになりますが、「まずは現場を知れ」ということで、今は塗装ラインで実習中。塗料の種類の多さに驚いたり、効率的なラインの仕組みに納得したり、技能者の熟練の技にほれ込んだりと、見るものすべてが新鮮ですね。小学生の工場見学じゃないんだから、驚いてばかりはいられないんですが、モノづくりって奥が深いなあと感心することしきりです。入社してから、色に対する意識も変わりました。街で各メーカーのクルマを見比べて、微妙な色の違いを確かめたりしています。
 原田塗装工業所のすごいところは、僕のような新米の意見をベテランの先輩たちが真剣に聞いてくれるところ。社員全員でアイデアを出し合って、会社を成長させようという気概が伝わってきます。仕事には厳しいけれど、人柄はみんなやさしい。温かく見守ってくれる親父がいっぱいいる、そんな職場ですね。人を大事にする会社は絶対に伸びると思うんです。あ、その前に僕自身が伸びるべきですね(笑)。まだまだ、これから勉強しなければならないことがいっぱい。一日も早く一人前の営業マンになって、お客さんの前で堂々と原田塗装工業所をアピールできるように頑張りたいと思います。


先輩社員

今すぐエントリー



樹脂用UVハードコート UV DH138

ページの先頭へ

 

©copyrights 2007-2008 HARADA painting industry Co.,Ltd. All rights reserved.