トップページ  >  工場紹介
工場紹介 大物部品から中型・小型製品、量産品から多品種少量品まで、あらゆるニーズにお応えするHARADAの樹脂塗装ライン。

高品質を効率的に生み出すべく、手吹きライン、自動ライン、UVスピンラインを構築し、大物部品から中型・小型製品、量産品から多品種少量品まで、あらゆるニーズにお応えしています。創業以来培った経験、知識、ノウハウを結集して基材の性質を見極め、それぞれの製品に最適な方法で着実な塗装を施します。

第1工場(中型部品・手吹きライン)

主要塗装品目:軽自動車のバンパー、二輪部品(カウルサイド、フェンダー)など。
建物:2階建、930平方メートル
設備:レール190m、ブース3台、乾燥炉1台、単独塗装ブース2台、単独乾燥炉3台(電気炉2台、ガス炉1台)


第1工場
第2工場(大型部品・手吹きライン)

主要塗装品目:自動車のバンパーやタイヤケースなど主に大型部品。
建物:2階建、1,190平方メートル
設備:レール215m、ブース3台、乾燥炉1台


第2工場
スピンドルライン

主要塗装品目:小型部品の量産設備、自動車の内装部品など。
建物:第4工場2階
設備:レール54m、ブース2台、UV照射機4機(コールドミラー付)、乾燥炉1台


スピンドル
第4工場(少量多品種・手吹きライン)

中型部品の量産や少量多品種の塗装を実施。
建物:2階建、1,370平方メートル
設備:ブース1台、バッチ炉1機


第4工場
テクニカルセンター(中型部品・ロボットライン)

中・小型部品の量産
設備:塗装ロボット5台、レール100m、ブース2台、乾燥炉1台


テクニカルセンター
サンディング工場(前処理)

真空成型品のショックラインを平滑化し、表面のコンディションを整えるサンディング工場。ここで前処理を施し、各工場の塗装工程へ送ります。
建物:1階建、360平方メートル
設備:縦型スポンジサンダー1台、横型スポンジサンダー1台、ショットブラスト


サンディング工場




樹脂用UVハードコート UV DH138

ページの先頭へ

 

©copyrights 2007-2008 HARADA painting industry Co.,Ltd. All rights reserved.