トップページ  >  会社概要(社長挨拶)
会社概要 独自の技術と信頼の品質でお客様に満足を提供。「私たちにしか出来ないこと」に全力を尽くす。

 ライフスタイルが多様化する現代、世の中のあらゆる製品はさまざまな色彩をまとって個性を競い合っています。また、エンドユーザーの美意識のレベルも高まっており、仕上がりの品質は極めて重要な要素となっています。こうした時代背景を見据え、弊社がピアノ塗装から樹脂塗装へとシフトしたのが1981年。以来、樹脂塗装の専門企業として、工場を計画的に増設し、大物部品から中型・小型部品まで幅広く手掛ける強力な生産体制を構築してまいりました。
 私たちの得意とする手吹き塗装は、製品の表面を外部環境から保護するとともに、細部まで美しい仕上がりを追求する職人技です。「技術伝承」をスローガンに個々の技術研鑽を重ねる中で、基材の性質を分析し、気温など諸々の条件を徹底管理して、常に一定品質を実現しています。その一方で、色開発にも積極的に取り組み、塗料メーカーと協力して、製品本体の塗装に限りなく近い色を再現すべく、あらゆる角度からさまざまな研究を進めています。
 弊社は既に、「ポリカーボネイト樹脂基材表面にハード・コート層を形成させる方法」にて特許を取得。環境保全を視野に2002年には、ISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得しました。さらに、スピンドル式紫外線研究開発設備を導入し、2007年には関東経済産業局より「中小企業・ベンチャー支援事業のうち実用化研究開発事業」の交付を受けています。
 こうした先進的な取り組みはすべて、お客様の満足をかなえるために不可欠なステップです。自動車部品、二輪部品、家電、アミューズメント用品などあらゆる分野において、量産品から多品種少量品まで手掛け、そのすべてに関して、私たちにしか出来ない「HARADA品質」を提供することが弊社の使命。お客様からいただく厚い信頼を原動力に変えて、原田塗装工業所は今後も環境配慮型経営を積極的に推進するとともに、未来につながる研究開発に率先して取り組み、「色彩を見る目」と「品質を極める技」を社員一丸となって養ってまいります。



>> 会社概要・会社沿革・MAP



経営理念・環境方針
代表取締役社長 原田 進

代表取締役社長原田 進





樹脂用UVハードコート UV DH138

ページの先頭へ

 

©copyrights 2007-2008 HARADA painting industry Co.,Ltd. All rights reserved.